ボリビアのアンティークコインを今買う理由と取引のコツ|おすすめ8選も!

ボリビア アンティークコイン

副業や資産運用ツールとして定着してきたアンティークコイン市場。

その中で近年脚光を浴びているのがボリビアのアンティークコインです。

流通量が多く、比較的安価なため入手しやすい点が好まれているようです。

密かにボリビアのアンティークコインが成長すると見込んでいる方も多いのではないでしょうか?

ここでは、ボリビアのアンティークコインを今買う理由とおすすめのコイン8選を紹介します。

加えて、それぞれのコイン発行の時代背景や人物についても解説しています。

記事を読むと、ボリビアのアンティークコインを今買うべき理由を確信できると共に、ボリビア通となり取引交渉時に有利に働くでしょう。

ぜひ、お読みになって、ボリビアのアンティークコイン取引を成功させてください。

目次

ボリビアのアンティークコインを今買っておく3つの理由

ボリビアのアンティークコインの人気はまだ火が点いたばかりです。

安価で流通量の多い今、すみやかな購入が望まれます。

けれども、なぜそんなに人気なのか? と訝る方も多いことでしょう。

その疑念への回答として、以下の3点が挙げられます。

  • 銀の産出国としての歴史がある(資源豊富) 
  • 流通が多く安価である(買いやすい)
  • パンデミック後の世界再編で希少性が増す可能性(将来性)

それぞれの理由を紐解いていきます。

銀の産出国としての歴史がある

ボリビアは稀に見る資源の豊かな国です。

世界遺産に指定されているポトシでは、スペイン統治下にあった1550年から1650年の100年間に世界の銀の約半分を産出していました。

その後も銀の採掘は続けられ、銀を求めて人が集まりポトシの人口はスペインの首都マドリードをしのぐほどになったといいます。

スペインから独立した後のボリビアは、19世紀末までは金と銀の採掘が主産業となり、20世紀以降は錫の採掘が行われるようになりました。

これらの豊富な鉱山資源が世界のコイン製造に寄与したのはいうまでもありません。

その中には希少性を増し、高額で取引されているものが多数あります。

ボリビアのアンティークコインも同様です。

今後ますます価値は高まっていくでしょう。

 流通が多く安価である

アンティークコインの価値のひとつに希少性があります。

とはいえ、希少性が高まってからは価格も高騰するのが世の常、逆に流通の多いときに安価で購入しておくという方法もあります。

実際、アンティークコインを購入してすぐに転売する方は、そう多くありません。

なぜなら、アンティークコインの売却益は譲渡所得となり、譲渡所得は保有期間5年を超えたら課税額が大幅に下がるからです。

5年の間にボリビアのアンティークコインの価値が上がる可能性は十分あります。

もっと期間をおくと、さらに価値が上がりボリビアという国の立ち位置も変わっているかもしれません。

ボリビアのアンティークコインの可能性は無限大、期待が膨らみます。

 パンデミック後の世界再編で希少性が増す可能性

WHOは新型コロナの世界的流行により700万人以上が死亡したと試算しました。

その信憑性はともかく、新型コロナをきっかけに常に何らかの不安に怯えながら生きるようになってしまった方は多いのではないでしょうか?

追い打ちをかけるようなロシアとウクライナの戦争、そしてイスラエルとハマスの争い。

中国と台湾のギクシャクした関係に日本が巻き込まれるのでは、と懸念を示す方も大勢います。

一方で、アメリカのような大国が、戦争以外の面でかつてのようなリーダーシップを示せなくなってきたことも確かです。

かつて発展途上国と呼ばれた国々は目覚ましい発展を遂げ、国際政治での存在感を増しています。

もはや先進国・後進国などありません。

これまで先進国と呼ばれていた国々だけで決めていたことを、多様な国々の意見も採り入れるようになる日は近いのではないでしょうか?

グローバルサウス、グローバルマジョリティと呼ばれる国々の意見が採り入れられ世界が再編されるとき、ボリビアのアンティークコインはいっそう希少性を増すでしょう。

【注目】公式LINEでお得な情報をゲット!

マネートレンドNaviの公式LINEでは、アンティークコイン投資、コインパーキング経営、ダイヤモンド投資、ファクタリング事業投資を中心に投資・資産運用に関する情報を発信しています。

また、当社サービスに関する通知、商品の入荷状況の発信、おすすめ記事の紹介も行っています。

今ならLINE登録者限定で無料のオリジナル資料をプレゼント!チャット上で当社サービスについての質問・相談も受け付けております。登録は無料ですので、ぜひこの機会にご登録お願いします。

マネートレンドナビの公式LINEバナー マネートレンドナビの公式LINEバナースマホ用

ボリビアのアンティークコインは2種類に大別される

アンティークコインを語るときに欠かせないのが発行年度の時代背景です。

ボリビアの場合、歴史的に大別するとスペイン統治下にあった植民地時代、そして独立後のボリビアに分けられます。

なお、スペインに征服される前のボリビアについては、明確な資料が残っていないため先史時代と呼ばれています。

スペイン統治下のボリビアのアンティークコイン

ボリビアがスペインの統治下にあったのは1533年から1825年のおよそ300年間です。

1492年のコロンブスによるアメリカ大陸の発見以来、スペインは先住民国を次々と征服していきます。

ボリビア地域の征服は1533年のフランシスコ・ピサロ、ディエゴ・デ・アルマグロらによるインカ帝国制圧に端を発します。

スペインは征服した地域を植民地化し、ボリビア地域はペルー副王領の管轄のもと「アルト・ペルー」と呼ばれました。

スペイン植民地時代のアンティークコインとしては以下の3つに人気が集まっています。

  • カルロス3世 8レアル銀貨 (1773年)
  • カルロス4世 8レアル銀貨(1799年)
  • フェルナンド 7世 8エスクード金貨 (1822年)

カルロス3世とカルロス4世は18世紀半ばの、フェルナンド7世は19世紀初期から中期にかけてのスペイン国王です。

 独立後のボリビアのアンティークコイン

ボリビアの独立は1825年、革命家 シモン・ボリバルとアントニオ・ホセ・デ・スクレによって成功しました。

独立当初の国名はアルト・ペルー共和国としていましたが、その後シモン・ボリパルの名にあやかって「ボリビア共和国」と改名、首都はアントニオ・ホセ・デ・スクレの名をとってスクレと定めます。

独立後のボリビアの主なアンティークコインは以下の通りです。

  •  南ペルー共和国 8レアル銀貨 太陽神インティ(1838年)
  •  シモン・ボリバル 8スクード金貨 (1854年 )
  •  シモン・ボリバル 8ソル銀貨 (1855年) 
  •  革命記念金貨( 1952年) 
  •  国際児童年 200ペソ銀貨 (1979年)

独立後のボリビアのアンティークコインには、シモン・ボリパルの肖像の描かれたコインが多数見られるのが特徴です。

年代順、ボリビアのおすすめアンティークコイン8選

ここでは、ボリビアのアンティークコインを発行年順に以下の8つに絞ってご案内します。

  1. 1773年 ボリビア カルロス3世 8レアル銀貨  
  2. 1799年 ボリビア カルロス4世 8レアル銀貨
  3. 1822年ボリビア フェルナンド 7世 8エスクード金貨
  4. 1838年 南ペルー共和国 8レアル銀貨 太陽神インティ
  5. 1854年 ボリビア シモン・ボリバル 8スクード金貨 
  6. 1855年 ボリビア シモン・ボリバル 8ソル銀貨 
  7. 1952年  ボリビア 革命記念金貨 
  8. 1979年 ボリビア 国際児童年 200ペソ銀貨 

年代順に並べると、そのままボリビアの歴史が透けて見えるようです。

やがて、どのような付加価値が付いてくるのでしょう。

興味は尽きません。

1773年 ボリビア カルロス3世 8レアル銀貨  

引用元:PRINCIPAL

民衆に寄り添う高貴な王として人気の高かったカルロス3世の描かれた銀貨です。

現代の政治家に爪の垢を煎じて飲ませてやりたいと思う方は多いことでしょう。

質素倹約を規としていたカルロス3世が月桂冠・プテルゲの鎧・ルダメントゥムのマントを身に着けた様子が描かれています。

質素で慎ましい君主との言い伝えですが、円形のコインの枠からはみ出さんばかりの存在感を示しています。

カルロス3世の人気ぶりがコインの人気にも繋がっているのはいうまでもありません。

保存状態によっては高額で取引される人気のコインです。

発行年1773年
額面・素材8レアル銀貨
重量27g
品位903/1000銀
参考価格422,000円

1799年 ボリビア カルロス4世 8レアル銀貨

引用元:COINS FAN

最期まですぐれた王と称えられたカルロス3世の跡を継いだのが次男のカルロス4世です。

さすがの名君も子育ては上手くなかったらしく、カルロス4世についての評判はあまり好ましくありません。

折も折、フランス革命とナポレオンの台頭によりヨーロッパは激動の時代を迎えます。

たまたま古いコインの画像を用いていますが、まるで当時のナポレオンの影響が垣間見えるようなカルロス4世。

父王と同じく月桂冠を被り右を向いています。

カルロス4世の時代から少しずつ南米の国々の反スペイン運動が高まっていきます。

激動の時代を思い起こさせるドラマ性もアンティークコインの価値のひとつです。

発行年1799年
額面・素材8レアル銀貨
重量27g
品位896/1000銀
参考価格

1822年ボリビア フェルナンド 7世 8エスクード金貨

引用元:PRINCIPAL

スペイン王フェルナンド7世がボリビアを統治していた時代に発行されたコインです。

父のカルロス4世の遺伝なのか政治力に乏しく、ボリビアをはじめとした南米各国の独立を許した王として有名です。

表面は右向きのフェルナンド7世の肖像、裏面にはスペインの国章がデザインされています。

当時のスペインの国章は王の紋章と同義と見なされ、カルロス3世の時代に作成された簡略版が用いられています。

フェルナンド7世の治世下で、ボリビアを始めとする中南米の植民地の多くが独立を果たしました。

ボリビア独立運動の渦中でのコイン発行、希少性とドラマ性は申し分ありません。

発行年1824年
額面・素材8エスクード金貨
重量27.07g
品位875/1000金
参考価格1,665,428円

1838年 南ペルー共和国 8レアル銀貨 太陽神インティ

1836年から1839年にかけてのわずか3年間存在した「ペルー・ボリビア連合国」の銀貨です。

「ペルー・ボリビア連合国」とは1829年にボリビアの大統領に就任したアンドレス・デ・サンタ・クルスが、独立後の疲弊した国土と経済の立て直しのために打ち出した政策の一つです。

サンタ・クルスは諸外国との貿易振興やチリ・アルゼンチンへの対抗措置としてペルーとの連携が望ましいとしてペルー・ボリビア連合の構想を打ち出し実現させました。

南ペルー共和国は構成国の一つ、インティとはインカ帝国の伝説上の太陽神であり太陽と虹の神ともいわれています。

連合国成立を記念してのコイン発行、短命に終わった国の時代背景がコインの評価を高めています。

発行年1838年
額面・素材8レアル金貨
重量27.07g
品位903/1000金
参考価格690,000円

1854年 ボリビア シモン・ボリバル 8スクード金貨 

引用元:PRINCIPAL

ボリビア独立後に多く発行されたのが独立の指導者シモン・ボリバルの肖像の描かれたコインです。

1852〜1857年にかけて多数のコインが発行され求めやすくなっています。

シモン・ボリバルの8スクード金貨はオークション出品も多い人気のコインです。

表はシモン・ボリバルの右向きの肖像、裏面はポトシ銀山の日の出とアルパカです。

独立して希望に満ちた国の勢いを感じさせます。

シモン・ボリバルは「ラテンアメリカ解放の父」とも呼ばれ、ボリビアの国名の由来となった人物です。

ボリビアのアンティークコインを収集するなら欠かせない逸品といえるでしょう。

発行年1854年
額面・素材8スクード金貨
重量27g
品位875/1000金
参考価格

1855年 ボリビア シモン・ボリバル 8ソル銀貨 

引用元:PRINCIPAL

シモン・ボリバルが左を向いた肖像の描かれた銀貨です。

裏面にはボリビアの国獣であるアルパカがヤシの木の袂で寛いでいる様子が描かれています。

勇ましい革命家とほんわかしたアルパカとの表裏のコントラストは、独立から時間を経て安定期に入ったボリビアの実情なのでしょうか?

興味をそそる図柄です。

「PTS」のモノグラム銘はポトシ銀山を表します。

保存状態のよいコインは15万円以上で取引されているコインです。

発行年1855年
額面・素材8ソル銀貨
重量27g
品位903/1000銀
参考価格

1952年  ボリビア 革命記念金貨 

引用元:GALLERIA

1952年のボリビア革命の成功を記念して発行されたコインです。

ボリビア革命とは、民族主義を唱えるMNR(民族革命運動党)とその支援者たちの武装蜂起によるクーデターです。

裏面にデザインされているボリビアの国章と国獣アルパカ、国鳥コンドルの様子が革命政権の希望を象徴しています。

しかしながら革命政権は行き詰まり、1964年に軍部のクーデターによって終結を迎えます。

比較的新しいコインですが、短命政権であった歴史、発行枚数の少なさなどを考慮すると手元に置いておきたい1枚です。

発行年1952年
額面・素材金貨
重量38g
品位900/1000金
参考価格33,000円

1979年 ボリビア 国際児童年 200ペソ銀貨 

引用元:PRINCIPAL

1979年の国際児童年を記念して発行されたコインです。

アンティークコインとしては日が浅いため、価値が高まるまで時間がかかるかもしれません。

けれども、ほのぼのとした図柄と入手しやすさで人気を集めています。

楽器を奏でながら踊る子供たちとボリビアの国章の表面、裏面には日の出のポトシ銀山とアルパカなど、ボリビア色満載のコイン。

子供や孫に20世紀を語り継ぐと共に、資産としても手に入れたいコインです。

発行年1979年
額面・素材200ペソ銀貨
重量
品位925/1000銀
参考価格

知っておきたいボリビアのアンティークコインに登場する人物・背景

アンティークコインの価値の一つといっても過言ではない発行の時代背景。

コレクターにとって、コインに描かれた図柄を眺めながら発行された当時を想像するのは至福の時間ではないでしょうか。

一枚のコインに対して、語れる要素が多ければ多いほど至福の時間も増えます。

ここでは、ボリビアのアンティークコインに描かれた人物や発行記念となったキーワードをピックアップしました。

  1. カルロス3世
  2. カルロス4世
  3. フェルナンド7世
  4. 南ペルー共和国
  5. シモン・ボリバル
  6. ボリビア革命
  7. 国際児童年

それぞれについて解説します。

カルロス3世とは

カルロス3世とは1759年から1788年のスペイン国王です。

スペイン・ブルボン王朝の初代王であるフェリペ5世と王妃エリザベッタ・ファルネーゼとの間に1716年に生まれました。

スペイン国王となった1759年には、すでにナポリ王として25年のキャリアを積んでいました。

豊富な経験が生かされたのか、適材適所の人材登用や常に国民の福祉を念頭に置いた誠実な人柄が人気を集め「スペインの最もすぐれた君主」の一人に数えられています。

豪華な服に興味は持たず食べるものも着るものも質素、唯一の趣味である狩猟に出かける際も、どのような身分の人であれ挨拶を欠かさなかったといいます。

即位して2年後に妻のマリア・アマリアを亡くしたとき「彼女は初めて私の気に食わないことをした」と慈愛に満ちたひと言に愛妻家としての横顔を覗かせます。

 1788年12月14日に没するまですぐれた君主であり続けました。

カルロス4世とは

カルロス4世はカルロス3世の次男として1748年に生を受けました。

スペイン王としての在位は父王を継いだ1788年から1808年にかけての20年間です。

しかしながら、愛妻家で国民にも人気の高かったカルロス3世とは雲泥の評価を受けます。

政治にはほぼ無関心で王妃マリア・ルイサと宰相のゴドイに任せっきり。

自身は狩猟に夢中だったといいます。

1805年トラファルガーの海戦で全艦隊を失う。ナポレオン軍のイベリア半島侵入を許す密約で国民の怒りを買い、08年王子によるアランフエスの暴動で譲位。

フランス革命の影響のもと、ナポレオン1世によってスペイン国王を退位させられた後は他国へ亡命、1819年 1月20日にローマで客死します。

ちなみに、カルロス4世の後のスペイン王は一時的に息子のフェルナンド7世が継ぎましたが、すぐにナポレオンの兄ジョゼフ・ボナパルトがホセ1世として即位します。

フェルナンド7世とは

フェルナンド7世とはカルロス4世の長男であり、1808年と1813〜1833年のスペインの国王です。

父であるカルロス4世の死後、1808年に一時的に王位に就いたもののナポレオンに追われしばらく幽閉生活を送ります。

やがてスペイン独立戦争が勃発しナポレオンが敗走、再びスペインに戻り国王として迎えられたのが1813年。

ところが、自由主義者を圧迫する旧態依然の政治を行ったため、閣僚や民衆の反発を買います。

国力はみるみる衰退し、統治下にあった南米の国々の独立を許してしまいます。

ボリビアが独立を果たしたのもフェルナンド7世在位の1825年です

1833年に48歳の若さで没するまで、王としての能力を評価する声はあまり聞かれません。

フェルナンド7世以降「国王は神とつながるために閣僚より賢くなければならない」とした王権神授説を唱える人はいなくなったといいます。

南ペルー共和国とは

南ペルー共和国とは「ペルー・ボリビア連合国」の構成国の一つであり、現在のペルーの南部に設立された国です。

ボリビアとの戦争に敗れたペルーが南北に分断された後、ボリビアの主導の下で1836年に設立されました。

首都はタクナ、人口は50万人弱だったといいます。

3年後の1839年に連合国は瓦解、南ペルー共和国は消滅します。

ボリビアの国名の由来となったシモン・ボリバルとは

シモン・ボリバル(1783〜1830年)とは、南米の多くの国々を独立に導いた独立運動の指導者です。

ボリビアの国名の由来ともなっています。

シモン・ボリバルの活躍によって独立した国はボリビアの他に、コロンビア・ベネズエラ・エクアドル、ペルーなど多数です。

1819年にスペイン軍を破ったシモン・ボリバルはベネズエラ・コロンビア・エクアドルを統合した「大コロンビア共和国」を樹立し大統領となります。

その後、1822〜1824年にはペルーの独立運動を援助、そして1825年にボリビアを独立に導きます。

1826年には南米諸国の団結を呼びかけパナマ会議を開きました。

しかしながら、1830年に大コロンビア共和国は瓦解、シモン・ボリバルは失意のうちにサンタ−マルタ島で最期を迎えます。

ボリビア革命とは

ボリビア革命とは、1952年4月9日に鉱山労働者を中心としたMNR(民族革命運動党)支援者たちが武装蜂起して政権奪取したクーデターです。

MNRとはビクトル・パス・エステンソロとエルナン・シレス・スアソが民族主義を掲げて1941年に結党した政党です。

MNRによるボリビア革命の主旨は以下に要約されます。

  • 財閥の解体
  • 農民層への農地分配
  • 男女平等の選挙権
  • 軍部解体
  • 義務教育の導入

近代化の幕開けとして期待された革命政権でしたが、行政機構が肥大化し国民へのリターンが少なかったためインフレが進行。

1964年、解体された軍部が再建しクーデターを起こすと、MNRによる革命政権は幕を閉じます。

国際児童年とは

国際児童年とは、1959年11月の国連総会における「児童の権利に関する宣言」の採択の20周年の記念の年です。

20年後の1979年1月1日、国連事務総長であるクルト・ワルトハイムによって署名され、世界各国で子供の権利と福祉の向上を目的とした記念行事やキャンペーンが行われました。

ボリビアの取り組みはコインの発行、資源豊かな国ならではのアイディアです。

ボリビアのアンティークコインを売買する方法

ボリビアのアンティークコインはオークションや通販サイトで多数出品されています。

手軽に購入できますが、玉石混淆なので最大限の注意を払い、慎重に判断しましょう。

一方で、売る場合にも同じようにオークションや通販サイトへ出品できます。

しかしながら、ボリビアのアンティークコインは歴史の浅いコインが多いため、どちらかといえば時間をおいて出品した方が賢明でしょう。

以下、ボリビアのアンティークコインの売買方法について解説します。

 ボリビアのアンティークコインは何処で買う

ボリビアのアンティークコインは流通量が多く、ヤフーオークションやメルカリ、Amazon・楽天市場などにも出品されることはあります。

ただし、不特定多数の方が出品しているため玉石混淆の感は否めません。

コインの真贋、出品者の信頼性に十分注意し、相場と比較しながら慎重に判断しましょう。

オークションでの落札に慣れていない方や、コインの真贋に疑問が生じた方にはコイン専門店に相談することをおすすめします。

手間暇は掛かりますが、偽物を買わされるリスクはありません。

可能な限り、信頼できるコイン専門店で確かなコインを購入しましょう。

 ボリビアのアンティークコインを売るタイミングとは?

ボリビアのアンティークコインは比較的新しいため、売る場合しばらく時間をおいた方が賢明といえます。

その理由は以下の2点です。

  • 保存期間5年を超えると譲渡所得への課税が半減する
  • 保存状態で価格に大きな開きが出ている

つまり、ボリビアのアンティークコインは、しっかりと保存管理できれば時間を経るごとに価値が高まっていくと考えられるからです。

大国の数百年を経たアンティークコインに比べると安価といえますが、それでもフェルナンド7世金貨やシモン・ボリバル金貨は数十万円から百数十万円の価格で取引されています。

5年後にどうなるか、期待が膨らみます。

ボリビアのアンティークコイン取引で注意する点

一般的にオークション落札やネット販売の多いアンティークコインは、取引に際しては慎重な見極めが必要です。

ボリビアのアンティークコインのように流通量の多いコインの場合、いっそうしんちょうになるべきでしょう。

ここではボリビアのアンティークコイン取引の注意点を、目的と取引方法の観点から解説します。

目的を持った取引をする

ボリビアのアンティークコインがあまりに安価で大量に流通しているからといって、無目的に購入しても意味はありません。

なぜなら、目的がないと、どのように管理すべきかわからなくなるからです。

購入してすぐに転売するか、時期を経てから市場に出品するか、鑑賞用として楽しむかの三択になるでしょう。

転売なら、安価で人気の高まっている今、タイミングが合いさえすれば望んだ結果を得られるかもしれません。

時期を経た出品は、より大きな利益を得られる可能性があります。

そのための保管をどのようにするかが重要です。

保管期間中は鑑賞品として楽しむのもよいでしょう。

信頼できる店・サイトを利用する

すべてのアンティークコイン取引に共通することですが、信頼できるコイン店や運営サイトを利用することは大前提です。

コイン店の場合、手数料がかかるケースもありますが信頼性を買うと思えば安いものでしょう。

一方でオークションや通販サイトは千差万別です。

運営サイトが厳重に管理している場合もあれば、当事者同士に委ねているサイトもあります。

当事者同士に委ねられている場合、十分な知識と経験を積んでから参入するのがよいでしょう。

ボリビアのアンティークコインが安価で手に入る今を逃すな

流通量が多く比較的リーズナブルなボリビアのアンティークコインは、コインマニアはもちろん、投資目的で購入する方々にとっても注目の的です。

購入するなら今をおいて他にないでしょう。

現在の日本はあらゆる物価が上昇し続けています。

すでに数十万円の価格で取引されているコインが百万円の壁を突破するのも時間の問題かもしれません。

安価で入手しやすいときに購入するのが賢明です。

ボリビアのアンティークコインに関する詳しい情報は、マネートレンドNaviでも発信しています。

マネートレンドNaviには、ボリビアのアンティークコイン情報、取引のノウハウなどあらゆる情報が満載です。

ぜひ、公式LINEをお友達追加してみてください。

記事のシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次