アンゴラのアンティークコインはどんな特徴がある?おすすめのコイン6選

「アンゴラってどんな国?」
「アンゴラのアンティークコインはどんな特徴がある?」

アンティークコインについて興味が出てきた方の中には、このような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか。

本記事では「アンゴラという国について」「アンゴラのアンティークコイン」などについて解説します。

アンゴラのアンティークコインについての基礎知識が身に付く内容となっているので、ぜひ参考にしてください。

目次

アンゴラのアンティークコインについて

アンゴラはアフリカの大西洋に面した国で、ポルトガルの植民地であったという歴史があります。

そのため、アンゴラの通貨やアンティークコインは多くがポルトガルの影響を受けているというのが特徴です。

特にアンゴラが独立する前の1975年までのコインは、ポルトガル領アンゴラとして流通していたもので、ポルトガル王やその他の象徴的なデザインがよく見られます。

アンゴラのアンティークコインは、様々な歴史と文化が反映されているというのも特徴です。

例えば、19世紀から20世紀初頭にかけてのコインは、アフリカ大陸の他の地域と同様、欧州の植民地支配下にあった時期を象徴しています。

これらのコインは主に銅、銀、そして後にはアルミニウムといった材料で作られ、それぞれ違った価値がありました。

デザインとしては、当時の支配者であるポルトガルの王や皇帝、さらには植民地時代の象徴的な風景や動植物が描かれています。

また、アンゴラの独立後のコインもコレクターにとって興味深いものが多く、非常に需要が高いです。

独立後のアンゴラは長い内戦に見舞われましたが、その間にも独自の通貨が発行されました。

これらのコインは、新しい国としてのアンゴラのアイデンティティを形作る一環として、独自の文化や歴史、政治的な意味合いを反映しています。

アンティークコインは、ただ古いというだけでなく、その背後にある歴史や文化、時代背景を理解する1つの手段です。

アンゴラのアンティークコインは、ポルトガルの植民地支配から独立、そして内戦と平和へと至るまでの変遷が、これらのコインの中に凝縮されています。

そのため、アンゴラだけでなくアフリカ全体、そして植民地主義とその影響についての理解を深める貴重な資料だといえるでしょう。

他の国のアンティークコインについても知りたいという方は、こちらの記事も参考にしてください。

【注目】公式LINEでお得な情報をゲット!

マネートレンドNaviの公式LINEでは、アンティークコイン投資、コインパーキング経営、ダイヤモンド投資、ファクタリング事業投資を中心に投資・資産運用に関する情報を発信しています。

また、当社サービスに関する通知、商品の入荷状況の発信、おすすめ記事の紹介も行っています。

今ならLINE登録者限定で無料のオリジナル資料をプレゼント!チャット上で当社サービスについての質問・相談も受け付けております。登録は無料ですので、ぜひこの機会にご登録お願いします。

マネートレンドナビの公式LINEバナー マネートレンドナビの公式LINEバナースマホ用

アンゴラとはどんな国?

アンゴラはアフリカ大陸の南西部に位置する国で、大西洋に長い海岸線を持っているのが特徴です。

首都はルアンダというところで、アンゴラは1975年にポルトガルから独立しました。

独立には成功したものの、長い内戦によって国が荒廃し、独立後は社会経済が大きな打撃を受けています。

しかし、この数十年で石油とダイヤモンドの開発により急速に経済が成長しているという状態です。

アンゴラという国の歴史は、多様な文化的影響を受けているというのも特徴としてあげられます。

ポルトガルの植民地時代から、欧州、アフリカ、そして南アメリカ(特にブラジル)からも影響を受けているのです。

植民地時代の影響は特に言語、宗教、そして食文化に見られます。

しかし、独立後には先住民族文化も再評価され、多文化国家としてのアイデンティティを形成しています。

公用語はポルトガル語であり、政府機関や教育、メディアでは主にこの言語が使用されることが多いです。

しかし、先住民言語も広く話されており、キンブンドゥ、ウンブンドゥ、ココンゴなどがあります。

これらの言語は主に地方や家庭で使用され、特に高齢者や地方住民によく使われテイルのが特徴です。

アンゴラの料理は、地理と歴史に強く影響されています。海岸線が長いため、魚介類が非常に豊富で、特にシーフード料理が多いです。

例えば「ムキェカ」というものがあり、これは魚またはエビをトマト、玉ねぎ、ココナッツミルクで煮込んだ料理のことを指しています。

また、アフリカ大陸からの影響を受けている料理には、「フンジ」があります。

これはキャッサバ(マニオク)やコーンミールを主成分としたデンプン質の食品で、多くの肉料理や野菜と一緒に食べられるものです。

もう一つの代表的な料理は「カリル」で、これは干し魚、干し肉、オクラ、パーム油を用いて煮込む料理となっています。

アンゴラは石油とダイヤモンドに依存した経済構造を持っているのが特徴です。

これにより、経済成長は見られるものの、貧富の差は依然として大きな問題となっています。教育や医療も発展途上であり、これが社会的不平等をさらに広げることに繋がっているのです。

このようにアンゴラという国は、多様な文化と歴史をもっている魅力的な国だといえるでしょう。

ポルトガル文化の影響はかなり強く残っているものの、独自の文化も持っており、料理や言語の面で多文化性を示していて非常に魅力的です。

しかし、その背景には解決するべき社会的課題があり、今後の成長が期待されています。

アンゴラの歴史

1483年にポルトガルの探機師ディオゴ・カンという人物がアンゴラに到達したことで、ヨーロッパとの接触が始まります。

初めは主に奴隷貿易と宣教師活動が目的でしたが、次第に植民地化が進んでいきました。

ポルトガルの支配は海岸部を中心に広がっていったため、内陸部は長い間影響を受けませんでしたが、19世紀になると「分割されたアフリカ」において、ポルトガルはアンゴラの領土を確保しようと内陸へと進出していきます。

1975年にはポルトガルから独立を果たしたアンゴラですが、すぐに長い内戦に突入してしまいました。

この内戦は多くの外国勢力が関与しており、特にソビエト連邦、アメリカ、キューバ、南アフリカが影響を与えたのです。

内戦は複数の勢力が入り乱れ、結局は2002年まで続くことになります。この長い戦争で数十万人が死亡し、多くの人々が生活基盤を失いました。

この長い内戦が終わった後、アンゴラは特に石油とダイヤモンドの生産によって急速に経済を発展させました。

これにより、一部の都市地域では豊かな生活が可能となりましたが、対照的に田舎や貧困層は依然として厳しい状況にあります。

これが現在の解決するべき社会的課題となっているのはいうまでもありません。

アンゴラの石油依存型の経済は高い経済成長をもたらしていますが、それと同時に社会的な格差も拡大しています。

また、政治体制は一党制が続いており、政治的な自由度は低いとされているのが特徴です。

多くの挑戦がある一方で、アンゴラはその豊富な自然資源と人々の活力で、アフリカで最も注目される国の1つといっても過言ではありません。

アンゴラのおすすめのアンティークコイン6選

ここではアンゴラのおすすめのアンティークコインを6つ紹介します。紹介するアンゴラのアンティークコインは、次の通りです。

  • アンゴラ シドニーオリンピック 100クワンザ銀貨 1999年
  • アンゴラ エンリケ 100クワンザ銀貨 1999年
  • アンゴラ ポルトガルの海外州 20エスクード銀貨(PROVA)1952年
  • アンゴラ マリア1世 12マクタス銀貨 1796年
  • アンゴラ ジョゼ1世 12マクタス銀貨 1770年
  • アンゴラ ポルトガル植民地時代 5センターボ銅貨 1924年

これらのアンティークコインは、アンゴラの歴史や文化が良く表れているので、観賞用としても楽しめます。

それぞれのアンティークコインについて解説するので、ぜひ参考にしてください。

アンゴラ シドニーオリンピック 100クワンザ銀貨 1999年

「アンゴラ シドニーオリンピック 100クワンザ銀貨 1999年」は、特定のコレクターズアイテムとして注目されている銀貨です。

この銀貨は、2000年にオーストラリアのシドニーで開催された夏季オリンピックを記念して、1999年にアンゴラ政府によって発行されました。

通貨の額面は100クワンザで、一般的には銀製であることが多いです。

このような記念硬貨は、その歴史的・文化的背景だけでなく、デザインや造幣の技術、そして限定された発行数によってコレクターたちに価値が認められます。

特にオリンピックは国際的なスポーツイベントであり、多くの国がそれぞれ記念硬貨や切手を発行するため、オリンピック記念のアイテムは世界中で人気があります。

この100クワンザ銀貨は、アンゴラという国自体の歴史と経済にも興味深い側面を持っているのが特徴です。

アンゴラは1975年にポルトガルから独立し、長い内戦により多くの社会経済的な問題を抱えていました。

1999年当時もまだ内戦は続いていましたが、このような状況下で国際的なイベントに連携して記念硬貨を発行するというのは、外貨獲得や国際的な注目を集める効果的な方法だったのでしょう。

歴史的な出来事や文化的な意義を持つため、今では多くの人々にとって興味深いコレクションの1つとなっています。

アンゴラ エンリケ 100クワンザ銀貨 1999年

「アンゴラ エンリケ 100クワンザ銀貨 1999年」は、エンリケ王子が描かれている銀貨です。

エンリケ王子とは、ポルトガル王国の王子であり、探検事業に力を尽くしていた人物として知られています。

このコインは、右手に槍を持ったエンリケ王子と、その後ろに公開に使われたであろう船が描かれているのが特徴です。

航海王子という異名を持つエンリケ王子ですが、実際には船酔いがひどく、ほとんど公開にはいったことがないという説もあります。

しかし、航海に対する情熱は本物で、その生涯のほとんどを航海術の研究と航海学校の建設にささげました。

エンリケ王子の歴史を感じられるこのコインは、ポルトガル史が好きな方にはぜひ1枚は持ってほしいコインとなっています。

ポルトガル史が好きな方は、ぜひ購入してみてください。

アンゴラ ポルトガルの海外州 20エスクード銀貨(PROVA)1952年

「アンゴラ ポルトガルの海外州 20エスクード銀貨(PROVA)1952年」というコインは、アンゴラがまだポルトガルの海外植民地であった時代に発行されたコインです。

そのため、歴史が感じられる非常に興味深いものとなっています。1952年の時点では、アンゴラはポルトガル帝国の一部であり、独立運動が盛り上がる前の時期です。

「PROVA」という言葉は、このコインが試作品、または試験打ちされたものであることを示しています。

これは通常の流通用のコインではなく、特定の目的(たとえば、デザインの確認や品質のテスト)のために作られたものだということです。

このような試作品は、一般的には限定的な数しか作られていないため、コレクターにとっては高い価値を持つ可能性があります。

額面として「20エスクード」が記されている点も注目すべきポイントです。

エスクードはポルトガルおよびその植民地で使用されていた通貨単位であり、この硬貨が発行された当時、アンゴラもまたエスクードを使用していました。

後にアンゴラはクワンザに通貨単位を切り替えますが、このコインはエスクードがまだ使用されていたときのことを反映しています。

銀貨であるこのコインは、材料としても一定の価値を持つ可能性がありますが、その歴史的背景や「PROVA」としての希少性から、単なる金属価値以上のコレクターズアイテムとしての価値が考えられます。

特に、アンゴラやポルトガルの歴史、植民地時代に興味を持つ人々にとっては、このコインは非常に魅力的なアイテムだといえるでしょう。

アンゴラ マリア1世 12マクタス銀貨 1796年

「アンゴラ マリア1世 12マクタス銀貨 1796年」は、18世紀末のアンゴラで使用されたコインです。

ポルトガルの女王マリア1世(1734–1816)の治世に発行されたとされています。

このコインは非常に歴史的な価値を持ち、当時のアンゴラとポルトガル、大西洋を挟んだ広範囲な貿易と文化交流が感じ取れる貴重なアイテムです。

マリア1世は、治世において精神的な問題を抱えつつも、ポルトガルとその植民地に多くの影響を与えた人物として知られています。

このコインが発行された1796年当時、アンゴラはポルトガルの重要な植民地の1つであり、奴隷貿易の中心地ともなっていました。

コインと貿易は密接に関連しており、この12マクタス銀貨もおそらくは国際的な商取引や地域経済で用いたと予想されます。

「12マクタス」という額面は、当時のアンゴラにおける通貨単位であり、これがどれほどの価値を持っていたのかは、時代背景と経済状況によるものですが、銀貨であることから一定レベル以上の価値があったと考えられます。

このような古いコインは、歴史的な文脈やその製造された時代の社会経済的背景を理解するうえで、非常に有用な資料となるので非常に貴重です。

特に、アフリカとヨーロッパの交流史、植民地時代の経済体系、ポルトガル王室とその影響について研究する際に、このコインは貴重な情報源となります。

これらのことからコレクターや歴史愛好者にとって、この「マリア1世 12マクタス銀貨 1796年」は、その歴史的価値と希少性から高い関心を集めるアイテムだと言えるでしょう。

アンゴラ ジョゼ1世 12マクタス銀貨 1770年

「アンゴラ ジョゼ1世 12マクタス銀貨 1770年」というコインは、18世紀のアンゴラで使用された通貨であり、ポルトガル王ジョゼ1世(1714–1777)の治世下で発行されたものです。

この時代のアンゴラはポルトガルの植民地であり、特に奴隷貿易が盛んでした。このコインはそのような歴史的背景の中で作られ、当時の社会経済状況に深く関連しています。

ジョゼ1世は、啓蒙専制君主としても知られ、セバスティアン・ジョゼ・デ・カルヴァーリョ・イ・メロ(後のマルキーズ・デ・ポンバール)を首席大臣として任命しました。

この政権は多くの経済改革を実施しましたが、それがアンゴラにどれほど影響を与えたかについては定かではありません。

「12マクタス」という額面は、アンゴラで当時使用されていた通貨単位です。

銀貨であるため、銀の含有量や純度によってもその価値が変わりますが、一般に高額の取引や国際商業活動に使われていた可能性があります。

この種のコインは通常、鋳造数が少ないか、あるいは特定の目的で発行された限定版である場合が多いため、コレクターにとっては非常に価値のあるアイテムとなることが多いです。

その上1770年という年は、アフリカ、ヨーロッパ、さらには新世界(アメリカ大陸)との間で複雑な交流が行われていた時期であり、このコインに詰まっている歴史的な文脈や経済的な側面ははかり知れません。

これらのことから、その製造年や使用された地域と時代の経済状況を考慮すると、非常に興味深い歴史的な価値を持つと言えます。

そのため、コレクターや歴史研究者にとっては、このコインは貴重な研究対象となるといえるでしょう。

アンゴラ ポルトガル植民地時代 5センターボ銅貨 1924年

「アンゴラ ポルトガル植民地時代 5センターボ銅貨 1924年」というコインは、20世紀初頭のアンゴラで発行された通貨です。

1920年代は、第一次世界大戦後の国際的な復興が進んでいた時代であり、ポルトガルもその植民地を通じて多くの資源を得ていました。

この5センターボ銅貨は額面が非常に小さいことから、日常生活での小売取引や市場で広く用いられたと考えられます。

銅で作られている点も、この硬貨が一般的な取引で使われた証拠です。銅は銀や金と比べて価値が低いため、低額貨幣の製造に用いられます。

1924年の発行という時点も歴史的に重要です。この時期はポルトガルが国内で経済的な不安定さや政治的な変動を経験していた頃で、それが植民地にも影響を与えていた可能性があります。

コレクターや歴史愛好者、研究者にとって、このコインは非常に高い興味を持たれるアイテムだといえるでしょう。

特に、アフリカの植民地化とその影響、ポルトガルの植民地政策、そして20世紀初頭の世界的な経済状況に関心を持つ人々にとっては貴重な資料となります。

アンゴラのアンティークコインを購入する方法

ここではアンゴラのアンティークコインを購入する方法について解説します。アンゴラのアンティークコインを購入する際の主な方法は次の3つです。

  • オンラインショップ
  • 店頭販売
  • オークション

アンティークコインを購入する方法としては、オンラインで購入する方法や直接店舗に足を運んで購入する方法があります。

それぞれの購入方法について解説するので、ぜひ参考にしてください。

オンラインショップ

オンラインショップで購入する方法は、アンティークコインを販売している業者が運営しているサイトから購入するものです。

ある程度信頼できる業者が運営していることがわかるので、偽物を購入するリスクがかなり低く、安心して購入できます。

店頭に足を運ぶのが苦手だという方や偽物を購入してしまうリスクを避けたいという方は、ぜひ利用してみてください。

店頭販売

店頭販売は、直接店頭に足を運んでアンティークコインを購入する方法のことです。

商品を直接見て選べるということや、偽物を購入するリスクが低いこと、スタッフと話しながら買い物を楽しめることなどがメリットとしてあげられます。

スタッフが対応してくれるので、アンティークコインの知識があまりないという方でも楽しく買い物ができるでしょう。

オークション

オークションでアンティークコインを購入するという方法もあります。

こちらもオンラインショップで購入するのと同じように、店頭に足を運ぶ必要がないというメリットがありますが、誰でも出品できるので偽物を購入してしまうリスクが高いというデメリットもあるので注意が必要です。

購入する際は、ある程度信頼できるユーザーから購入するようにしましょう。

アンゴラのアンティークコインを売却する方法

ここでは、アンゴラのアンティークコインを売却する方法について解説します。アンティークコインを売却する方法は、次の通りです。

  • オンラインショップで売却
  • 販売業者に売却委託
  • オークションサイト

アンティークコインを売却する際は、オンラインで売却する方法や業者に任せてしまう方法などがあります。

それぞれの方法について解説するので、ぜひ参考にしてください。

オンラインショップで売却

オンラインショップで売却する方法は、店頭でアンティークコインを販売している業者に査定をしてもらうという方法のことです。

店舗に直接行く必要がないので、移動の手間や交通費を節約できるのでおすすめだといえます。

店舗に行くのが面倒だという方は、ぜひ利用してみてください。

購入価格と売却価格の差で利益を得るアンティークコイン投資について知りたいという方は、こちらの記事もおすすめです。

販売業者に業務委託

販売業者に業務委託してアンティークコインを売却するという方法は、業者に依頼してアンティークコインを売却してもらうという方法です。

売却の手続きを全て行ってくれるので、非常に楽に売却ができるというメリットがあります。

ただし、依頼する際には手数料がかかる場合があるので注意しましょう。

オークションサイト

オークションサイトで出品してアンティークコインを売却するというのも有効な方法です。

オークションサイトだと、業者ではなくても出品ができるので気軽に出品でき、オークションという性質上、少し高い価格で売れる可能性もあります。

ただし、なかなか買い手が現れない可能性もあるということを考慮して行うようにしましょう。

まとめ|アンゴラのアンティークコインは銀貨や銅貨に希少価値がある

本記事では「アンゴラという国について」や「アンゴラのアンティークコイン」などについて解説しました。

アンゴラについてや、アンゴラのアンティークコインについて理解していただくことはできたでしょうか。

アンゴラのアンティークコインは、歴史的価値が高いものが多いので、銀貨や銅貨でも希少価値があるものが多いです。

コレクターだけでなく、歴史が好きな方にもおすすめなので、ぜひ1枚購入してみてはいかがでしょうか。

マネートレンドnaviでは、アンティークコイン投資についてのアドバイスやコンサルなどを行っています。

その他の投資についてもアドバイスができたり、専門家を紹介できるということなどが強みです。

今なら簡単なアンケートに回答していただくことで、無料で資料をプレゼントしています。

興味がある方は、公式LINEを登録してアンケートにお答えください。

記事のシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次