【2024年最新版】値上がり予想されるスニーカーは何?

2024年 スニーカー 値上がり予想

日常的に履いているスニーカーですが、高級モデルを中心に何十倍ものプレミア価格がつくことがあり、十倍以上もの値上がり予想が立てられることも珍しくありません。

そのため毎年のようにランキングが作成され、愛好家や投資家の話題を読んでいます。当社でも2024年のプレ値ランキングをもとにスニーカーの値上がり予想を作成いたしましたので、共有します!

目次

スニーカーのプレ値とは?

2023年のランキング記事でも伝えたように、プレ値とは「プレミアム価格」の略語で、希少なモデルである、歴史的価値があるなどの理由から愛好家や投資家からの需要が拡大し、定価を大幅に上回ってつけられる値段のことを指します。

一度プレ値がついたスニーカーは新品で購入できる機会を逃すと、次のシーズンまでに入手するのは復刻版でも出ない限りは困難。

定価で購入するのはほぼ不可能といっていい状態になります。

そのため、価値が高まりそうなスニーカーを得るには発売前から情報をチェックし、手に入れるための準備を入念に進める必要が出てきます。

実際新作スニーカーをいち早く入手できる専門店には開店前から物凄い行列ができていることも珍しくありません。

購入の機会を逃さないようにするためにも、計画はしっかりと立てるようにしましょう。

2024年版の【新作コラボスニーカー15選】は、こちらの記事から確認できます!

【注目】公式LINEでお得な情報をゲット!

マネートレンドNaviの公式LINEでは、アンティークコイン投資、コインパーキング経営、ダイヤモンド投資、ファクタリング事業投資を中心に投資・資産運用に関する情報を発信しています。

また、当社サービスに関する通知、商品の入荷状況の発信、おすすめ記事の紹介も行っています。

今ならLINE登録者限定で無料のオリジナル資料をプレゼント!チャット上で当社サービスについての質問・相談も受け付けております。登録は無料ですので、ぜひこの機会にご登録お願いします。

マネートレンドナビの公式LINEバナー マネートレンドナビの公式LINEバナースマホ用

どのようなスニーカーが値上がりやすい?

プレミア価格(プレ値)がつきやすいとはいえ、日頃から使っているスニーカーでなぜと思う方もいらっしゃるでしょう。

実際価格が著しく高騰するスニーカーの種類は限られます。

そこで価格が後で高くなりやすいスニーカーが持つ特徴を以下に5つご紹介します。

ほとんどはナイキ製

まず、プレ値がつくスニーカーはほとんどがナイキ製というのは知識として押さえておきましょう。

スニーカーの主要ブランドとしてはプーマやアディダス、アシックスなどもありますが、ナイキの場合は機能性の高さやコラボレーションの多さなどから多くの人気シリーズを抱え、かつ種類も多いことからコレクションとしての価値も高く評価されています。

またスニーカーとして履いても、さまざまな服やシーンに合うのもナイキのブランド力の厳選になっていると言えるでしょう。

このような理由から製造数に対する需要が高くなりやすいのが、ナイキのスニーカーいんプレミアム価格がつきやすい背景となります。

人気シリーズのアイテム

続いて高騰しやすいのは人気シリーズのアイテムであることです。

これらのアイテムは機能性の高さからスポーツ選手から一般の方が行うジョギング、ウォーキングに至るまで多くの人に愛されており、通常のものであっても需要が高く価格が高騰しやすくなります。

特に「エア・ジョーダン」、「Air Force 1」、「AIR MAX」などは多くの新作が出ながらもその度に話題となります。

専門店に並ぶ人の長い行列がネットニュースになることも。

それだけ人気がある証拠と言えるでしょう。

なおそれぞれのブランドについては以下のリンク先の記事に詳しい記載があるので、興味がある方は是非とも読んでみてください。

有名ブランドやアーティストとのコラボアイテム

販売前から話題を呼ぶことがあるのが、有名ブランドやアーティスト、スポーツ選手とのコラボアイテムです。

発売時にはスニーカー好きだけでなく、高級ブランドの愛用者や音楽・スポーツのファンなどが抽選に殺到。

販売開始前からプレ値がつき、転売目的の人も増えて入手難易度はさらに高まります。

スケジュールは事前に決まっていることが多いので、これらのコラボアイテムを入手するときはメーカーやアーティストなどからの発表をまって購入計画を立てるようにしましょう。

特に上記の人気ブランドとのコラボだった場合、必須事項と言えるでしょう。

流通量が少ない・抽選販売品のアイテム

上記コラボアイテムでよく当てはまりますが、流通量がすくなく販売も抽選制であるスニーカーは非常に値段が高騰しやすいです。

二次流通でも入手はままならずオークションでしか落とせない、というケースも珍しくはありません。

そうなると値段は数百万円以上にものぼることも。

当社でも紹介しているクラシックカーや絵画など他の現物投資にも匹敵する金額にもなり、想像つかないところまで価格が高騰していきます。

平均的なサイズほど価格は高騰しやすい

これまでご紹介したポイントとしては「人気」・「限定」・「希少」というキーワードでつながり価格が高騰しやすい理由として想像つきやすいかもしれません。

しかしスニーカーのプレ値としては意外なものも。

それが足のサイズです。

サイズの大きさが平均的なもの(日本人男性なら26cm、女性なら23cm)のものだと履ける人も多いため、需要が上がり取引価格も高くなる傾向にあります。

着用できる人が多い大きさであれば中古品での流通もしやすく、流通させやすい。

そのような理由から平均的サイズに注目する人は多く、プレミアムがつく原因となっています。

【2024年最新版】プレ値がついているスニーカーランキング

上記の特性を踏まえた上で2024年1月現在でプレ値がついているスニーカーをランキング形式で5位までご紹介します。

いずれも多くは人気シリーズのもので、現在は到底定価では買えないものばかりです。

それではご覧ください!

1位|Nike SB Dunk Low Paris

引用元:SNKRDUNK

最初にご紹介するのは、2003年のホワイトダンク展の開催にあたり製造された「Nike SB Dunk Low」の「Paris(パリ)」バージョンです。

開催国ごとに「ニューヨーク」、「東京」、「ロンドン」、「パリ」の4都市のスニーカーが用意されたものの、このうちパリは諸事情で販売中止になってしまいました。

当時から限定品で202足しかなかったにも関わらず、出回ったのはさらに少数。

そのため価格はもはやスニーカーとは思えない領域まで達しており、現在の新品の値段は3,000万円以上となっています。

店舗によっては非売品になっていることも珍しくありません。

もはや入手はほぼ不可能、といっても過言ではないでしょう。

2位|Trophy Room × Nike Air Jordan 1 “Chicago”

引用元:SNKRDUNK

続いてご紹介するのは「THE TROPHY ROOM(トロフィールーム)」とのコラボレーションで発売された「Air Jordan 1」です。

「トロフィールーム」はマイケル・ジョーダン氏の次男、マーカス・ジョーダン氏が設立したスニーカーブティックで、 コラボ先として注目度が高いブランドとしてファンにはよく知られています。

特に人気なのがここで紹介するChicagoカラー。

マイケル・ジョーダン氏が現役時代に活躍したNBAの強豪、シカゴ・ブルズのチームカラー(白・赤・黒の組み合わせ)を彷彿とさせる組み合わせで、「エア・ジョーダン」の中でも屈指の人気を誇ります。

このモデルも「トロフィールーム」のWebサイトでシリアルナンバー入りのものが12,000足限定で販売されたことから販売当時から高い注目を浴びました。

現在でも20万円以上は確実にかかるほどのプレ値がついています。

3位|Tom Sachs × Nike Mars Yard 2.0 “Natural/Sport Red-Maple”

引用元:SNKRDUNK

続いてご紹介するのはニューヨークを拠点に活躍する現代アーティスト・Tom Sachs(トム・サックス)氏とのコラボレーションで作られた「Mars Yard」です、

Mars Yardは2012年に登場したシリーズで、帆や宇宙服といった素材でできたナイキの中でも異色のスニーカーとして知られ、2017年にアップデートの上で発売されたこの一足は大ヒットを記録しました。

またTom Sachs(トム・サックス)氏のデザインは数あるコラボレーションの商品の中でも大人気。

さまざまなスニーカーランキングの上位常連とも言える立ち位置です。

2020年に再販予定でしたが結局中止に。

そのことも相まってか、2024年1月現在では新品・中古とも100万円前後で取引される、プレミア価値の非常に高い一足になっています

4位|Nike Air Jordan 1 Retro High “Not For Resale” Varsity Maize

引用元:SNKRDUNK

続いてご紹介するのは「Air Jordan 1」の「Retro High “Not For Resale”」です。

2019年に発売されたこのモデルは、「NOT FOR RESALE」の文字が靴の底に描かれているのが特徴で、当時から投資目的で大人気だった「Air Jordan 1」の中古市場の様子を皮肉ったデザインで注目されました。

他のプリンティングも「WERE ME」、「THIS PARE IS NOT NUMBERED」という文章。

あくまでスニーカーは履くためにあるんだ、と言わんばかりの主張がなされたデザインが強烈な一足です。

ただそのデザインが、2023年のランキング記事でも登場した「OFF WHITE」(オフホワイト)とのコラボレーションを思わせると感じたファンが多かったためか、人気は急騰。

そのネーミングとは裏腹に、新品・中古とも20万円〜30万円以上は確実にかかるほどのプレ値を記録した、転売目的でも人気を博す商品になっています。

5位|Peaceminusone×Nike Air Force1 Para Noise Korea Exclusive

引用元:SNKRDUNK

続いてご紹介するのは韓国の人気グループ「BIGBANG」のメンバー、G-DRAGONが手がけるブランド「 PEACEMINUSONE(ピースマイナスワン)」とのコラボレーションで手がけたナイキの「Air Force 1」です。

2019年に発売され、黒の下地に赤色のスウッシュ(ナイキのロゴマーク)を配置した、この商品は「Korea Exclusive」のネーミングの通り韓国限定。

人気ブランド、有名人とのコラボレーション、ということも相まってかなりの人気を呼びました。

現在でも新品で出されてはいるものの、1セット30万円以上することも珍しくありません。

ファンであれば持っていて自慢できる一足と言えるでしょう。

2024年発売|値上がりが予想される注目のスニーカー6選

続いて2024年に発売が予定されている注目のスニーカーを6つご紹介します。

いずれも国内外でファンから話題を集めているものばかりです。

特に過去の人気モデルの復刻版には大きな期待が寄せられていると言えるでしょう。

なお4-4、4-5、4-6の3つのモデルについてはリーク情報をもとにした記事を参考にしています。

実際に発売されるかは不明であるということや、発売されてもデザインが異なるという可能性もあることを考慮したうえでご覧ください。

Nike Air Jordan 1 Low ’85 “Metallic Blue”

海外抽選中|Nike Air Jordan 1 Low '85 "Metallic Blue"|抽選/販売/定価情報 1枚目
引用元:SNKRDUNK

まず最初に、ご紹介するのは「Nike Air Jordan 4 “Military Blue”」です。

1985年に発売された初代の「エア・ジョーダン1」の復刻作で、カラーリングが今もなお愛されるオリジナルモデルと同じものであることから大きな話題を呼んでいます。

白のベース生地にメタリックな仕上げのブルーが映える外観のカラーリングは、数ある復刻作の中でも初めてとなる色合い。

海外では2024年1月12日に発売されています。

日本での販売が開始されたら話題を呼ぶ一足であることは間違いありません。

ナイキ側からの発表を待ちましょう。

Nike Air Jordan 1 High OG “Green Glow”

引用元:UP TO DATE

続いてご紹介するのは2024年4月6日より、海外での発売が決定した「Air Jordan 1」の「Retro High OG “Green Glow”」です。

こちらも初代「エア・ジョーダン1」を彷彿とさせるカラーリングで注目されています。

ただ「Retro High OG」モデルの特徴「NIKE AIR」のシュータンラベルなど細部には違いが見られます。

コレクション要素の高い商品になることが予想されるため、国内発売時に人気になることは必至といっていいでしょう。

気になる方は予算確保など購入計画を立てておきましょう。

Nike Air Jordan 4 “Military Blue”(2024)

引用元:UP TO DATE

出典:Nike Air Jordan 4 Retro “Military Blue”が5月11日に復刻発売予定 [FV5029-141]

(UP TO DATEより)

続いてご紹介するのは5月11日に海外での復刻販売が決まった「Nike Air Jordan 4 Retro “Military Blue”」です。

1989年に登場した「Air Jordan 4」はアッパーの部分にTPUパーツが置かれるなどの独特のデザインから「Air Jordan 1」とはまた違った層からの支持を集めています。

そのオリジナル版である4色のうち1つが、最新の素材で再現されることとあってファンには待望の逸品といえるでしょう。

以前の復刻版でもいまだに定価以上の価値があることがあるだけにプレ値も相当つくことが想定されます。

興味がある方は、早めに準備しましょう。

Corteiz × Nike Air Trainer Huarache

最新リーク|Corteiz × Nike Air Trainer Huarache|抽選/販売/定価情報 1枚目
引用元:SNKRDUNK

続いて紹介するのはイギリス・ロンドンのストリートブランド「Corteiz(コーテイズ)」とのコラボ商品となる「エアトレーナー ハラチ」シリーズの一足です。

コーテイズとは2023年にもコラボレーションの商品を発売した実績が存在。

大きな注目を集めたことから、今年秋に発売されるとの噂があるこの一足にも注目が集まります。

なお詳細については不明要素もあり、実際に発売されるかは不透明な点はご了承ください。

Nike Air Force 1 Low “上野 桜(Ueno Sakura)” (2024)

最新リーク|Nike Air Force 1 Low "上野 桜(Ueno Sakura)" (2024)|抽選/販売/定価情報 1枚目
引用元:SNKRDUNK

続いてご紹介するのは、舞い散る桜の花をベースにしたデザインと花見の名所である上野公園の名前をとって名付けた「Air Force 1」の「上野 桜」です。

このモデルは2005年に日本限定モデルとして発売され、当時大きな注目を集めました。

正式リリースはないですが、専門サイトでは発売から19年を得て2024年に復刻されるという噂が流れており、今後の動きに注目されます。

UNKNWN × Nike LeBron 21 “Dark Russet”

最後にご紹介するのは、現役では一番といってもいいNBAのスター選手レブロン・ジェームズが手がける「UNKNWN(アンノウン)」とのコラボ商品です。

茶色とピンク色というカラーリングが予想されるこのシューズは、実際に試合に使っていたもの。

まだ詳細なデザインや発売時期は明らかになっていませんが、バスケファンからも注目を集めるであろうこの商品には人気が集まること間違いなしと言えるでしょう。

メーカーからの続報を待ちたいところです。

高騰した過去のスニーカーモデル

2023年のランキングの記事でもご紹介したように、スニーカーの中にはオークションで物凄い値段がつくものもあります。

その記事でもお伝えしましたが、米国の著名ラッパーのカニエ・ウエストとNIKEのコラボ商品であるAir Yeezyについては、2021年世界一の記録を出しました。

その値段たるや、なんと約1億9000万円!

もはや高額な絵画やクラシックカーでも購入できるほどの値段です。

ここまで高騰する例は多くはありませんが、過去のモデルがさらに値段を上げている、定価よりも上の価値を保っている例は珍しくありません。

例えば、2023年発売の注目モデルの一つだったナイキ「Air Force 1」のティファニーとのコラボレーション商品だった「Tiffany&Co.×NIKE Air Force1 LOW “1837”」については定価48,400円(税込)だったものが発売前から30万円もの値段がついていて、現在でも同程度の価格がついています。

そのためスニーカーのプレ値を狙うのであれば、現在の発売モデルや今後の発売予定を気にするのではなく過去のランキングや発売予定なども参考にしてみるといいでしょう。

当社でも2023年の注目商品だったものをこちらの記事をご紹介しているので、興味があればアクセスしてみてください。

ナイキ以外の主な値上がり事例について

上述したようにプレ値のつくスニーカーのほとんどは、「エア・ジョーダン」などの人気シリーズが揃うナイキ製です。

では他の有名スポーツブランド、アディダスやニューバランスなどはどうでしょうか。

実はこれらのブランドもナイキと同様にコラボレーションなどを行なっていることがあり、希少なものだとかなり値上がりしていることがあります。

例としてニューバランスのジョウンドとコラボしたスニーカー「ジョウンド×ニューバランス992”グレー”」は定価35,000円ですが、実際の出品額を見ていると20万円を超えることも珍しくありません。

ナイキが高すぎると感じるという方は狙ってみてもいいでしょう。

投資アイテムとしてのスニーカー

スニーカーは値上がり予想が毎年のように作られるほどプレ値がつくことが多く、売ると購入したとき以上の値段で売れることが少なくありません。

そのためウイスキーや不動産などと同様、値上がりを予想して購入する、投資運用のための商品としても高い価値を持っています。

プレ値がつきやすいという魅力はもちろん、購入する際の抽選権参加は無料、アプリで簡単に購入できるなど手軽にできるのもスニーカー投資の魅力です。

ただ、偽物をつかむリスクや保管方法などには十分に注意するようにしましょう。

なお、スニーカー投資についてはこちらの記事に詳しいのでよければご覧ください。

またアディダスについてはこちらで詳しくまとめています。

興味のある方は是非ともアクセスしてみてください。

まとめ|値上がりが予想されるスニーカーは2024年も多数登場予定!

スニーカーは年毎に注目商材があり、2024年もコラボ商品や過去の人気モデルの復刻品を中心に多くの商品で値上がりが予想されます。

当記事に限らず多くのプレ値ランキングが発表されると思われるので、各記事を参照して購入するようにしましょう。

特に業界専門サイトなどで発売が予想されているモデルについては、本当に発売されるのか最新の動向を追うことをおすすめします。

当社ではスニーカーに限らず、アンティークコインやクラシックカー、時計、ワイン、ウイスキーなど今後プレミア価格がつくと思われる現物投資の商材について、多くの商品をご紹介しています。

最新の情報についてはLINEで発信しているので、よろしければ公式LINEにお友達登録してください!

記事のシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次